顔の乾燥肌を改善したい!正しい対策方法は?

年齢を重ねるごとにお肌は変化して当然ですが、特に“顔の乾燥肌”が気になるというのが年齢肌の一番のお悩み。特に30代を超えると、お肌が乾燥気味になったという女性の方がたが続出です。正しい乾燥肌の対策方法でアラフォー、アラフィフの洗練された美しさをキープしていきましょう。

乾燥~ハリがなくなったお肌対策

お肌も年齢とともに変化するのも当たり前だとわかっていても、お肌の悩みが増えていくのが悲しいところ….。

あれ?っとあるひ突然お肌の変化に気づく方も。

というのも、お肌の変化は一日で現れるのではなく、日々蓄積されていくものだからです。

特に、お肌のハリが失われたことに突然気づくかたも少なくありません。

ハリが失われるのは、年齢とともにお肌のターンオーバーに遅れが生じ、細胞の働きが衰えるとお重に、細胞内の脂質が減っていくことから起こります。

ハリがなくなってるのでは!?と気づいたら、できれば気づく前にたっぷりと保湿で、水分と油分をお肌に浸透させてあげましょう。

乾燥肌を招く間違った洗顔方法

乾燥肌には水分とお肌の状態に合った栄養を。」

というのは、よく耳にする基本のスキンケアではありますが、乾燥肌対策は保湿だけでは行うことができません。

私たちのお肌は、夜の睡眠中に肌の新陳代謝が行われます。新陳代謝では、お肌からの不要物と皮脂とが排出されます。その肌から排出された皮脂や汚れは放っておくと酸化してしまいます。

だからこそ、朝の洗顔でしっかりとその汚れをお肌から取り除いてあげることが大切です。

ただ、朝起きた時にもお肌の乾燥を感じる場合は、優しくぬるま湯だけで洗顔をするだけでも大丈夫です。逆に、乾燥した肌を洗顔料で洗うことで、顔の乾燥をより悪化させてしまうことになります。

乾燥肌を守る洗顔後の正しいスキンケア

洗顔後のカサカサ肌、ツッパリ肌でお悩みの経験があるという方のために、やってはいけない洗顔習慣から、正しい洗顔~洗顔後のケア方法を紹介していきます。

NG1. ゴシゴシ洗い

洗顔の重要ポイントは”泡”。

ふんわりとした泡を作って、コロコロ、くるくる、泡を転がすように洗っていきましょう。

お顔は思った以上にデリケートです。

中でも、ゴシゴシしがちなTゾーンも他の部分と同様に、指の摩擦ではなく泡で優しく洗ってあげてくださいね。

NG1. 熱いお湯での洗顔

洗顔に最適なのはぬるま湯

手で触れてぬるいと思うくらいの温度が最適で、お肌への刺激が少ない温度です。

ということで、お風呂で髪や体を洗うのと同じ温度のお湯で、一気に洗顔までしてしまうのもNGなのです。

お風呂での洗顔も温度に気をつけて”ぬるめ”のお湯を使用してくださいね。

NG:タオルでゴシゴシ拭く

洗顔後のお肌を拭くときも、優しく丁寧に。ゴシゴシと摩擦を与えるのはNGです。

柔らかいタオルで、ポンポンと優しく押さえる感じで水分をとってあげるのがおすすめです。

OK:洗顔後にしっかり水分補給に保湿

洗顔後のお肌は乾燥しやすい状態です。

しっかりと、洗顔後すぐに水分補給をしてあげましょう。

水分補給の正しい基礎化粧品の使用順は、

化粧水→美容液→乳液(またはクリーム)

化粧水だけでは、水分補給だけで終わってしまいます。

お肌に取り入れた水分はしっかりと保湿してあげないことには、お肌は乾燥してしまいます。

●化粧水で水分補給

●美容液で栄養補給

そして、乳液(またはクリーム/もしくは両方)でお肌に水分と栄養を封じ込めておく役割(=保湿)を果たしてくれます。

正しいスキンケアでしっかり保湿、しっとりお肌を目指していきましょう。

年齢肌には年齢肌用のスキンケアを

乾燥による加齢のサインが少しでも見え始めたら、年齢肌ために作られたスキンケア商品で、たっぷりと保湿してあげましょう。

美容成分の中でも保湿効果の高いセラミドには水分補給+保湿の効果が得られます。

私が愛用しているアイムピンチ美容液にはセラミドはもちろんのこと、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸など、年齢肌にも効果が期待できる美容成分が含まれています。

ハリを与える保湿力に優れた大豆の力も利用しているアイムピンチ美容液で、お肌の若返りを目指しましょ〜。

 

アイムピンチ美容液のクチコミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です